あら、痛くない!

85才 女性 無職

こちらのお客様は左の足がしびれて痛くて歩けないとのことでしたその痛みで整形外科に通っているものの痛み止めの薬と電気で温める温熱療法をするだけで痛みの改善もなくこれといった説明もなく一向に良くならないのでと当サロンに来ていただきました

1回目は足が痛いとのことでしたので膝ケアの基本手技をまず行いました

太ももの外側がカチカチに張っていたので横向きに寝ていただいてしっかりとお尻から太ももの側 面をほぐしました膝の内側も痛みがありましたのでその辺も丁寧にしました足は軽くなったけどしびれや痛みは軽減しませんでした

「良くなるには時間がかかるわね」とおっしゃって次のご予約をいただきました

2回目も基本手技+腰+腹です前回お腹が硬かったのでお腹を中心に触りました

そこから探ると左の肋骨の下から腰骨にかけて強い張りと痛みがありましたよく触ってみると骨盤内部に硬いしこりができていてものすごく痛がっていました

少し我慢していただいてさすりながらそのしこりを弛めまし た

10分ぐらいかかりましたがかなり痛みが減りました

その痛みが減ったら太ももの外側の筋肉も難なく弛みます

この日は立っていただいたら「あら痛くない」と言葉をいただきました3回目も同じ手技です

2週間ほどの時間が空いたらまた痛みが戻っていましたこの日は私にも慣れていただいたのか施術前の足湯の時から昔の話や愚痴を延々とお話しされていました

「ここに来ると話したくなっちゃうのよね」と私が何も問いかけているわけではないのに体が弛んでくるとやっぱり心も弛んでくるんですね

そしたら施術中も体の状態をいろいろとお話になり胃ヘルニアで肺と胃が癒着しないように左側の肋 骨の辺りにプレートを埋め込んでいるということを話してくれました

それで納得ですまさにプレートの入っている部分から凝りが始まっています弱くゆするようにして凝りがほぐれるのを待ちます

そうやって腹と前回同様骨盤周りの施術をしました太ももから上のご本人的には一番の悩みどころが軽減したようです

ふくらはぎの外側が張っているのとまた違う部位の悩みを話しはじめましたからまた足の裏も揉み解していますので立つことが変わってきたようです

このお客様は写真撮影の際に自由な一番楽な姿勢で立ってみてくださいとお願いして写真撮りをしています左の写真が2回目の施術前、右が3回目の 施術後です見てわかるように左は大きく足を開いていて足をそろえて立つことができません足腰が痛く、力も入らないし踏ん張れないので大き く足を開いて立つと安定するようです

右は何も言わないのにお客様自身が足をそろえて立って見せてくれました

3回目の術後には痛みの軽減と下半身全体の柔軟性が出て自然と正しい姿勢をとることができるようになっています立ち方が変わるということは体の重心が変わります

身体の重心が正しい位置にくることで体が安定します安定した足の歩行は転倒防止につながります

あら、痛くない!

関連記事

  1. 今まで急ぎ足だったのが、走れた!痛みもO!
  2. わぁ、親指うごきます~!指が意識を持ち始めた感じです~!
  3. 《膝ケア50代女性》【1回目9/5】【2回目9/9】・初回、膝と腰が痛いとの事でケア、腰の方がご自身の不調が多かったので、坐骨神経のケアも含めて、ベットにうつ伏せからスタート。お帰りになられた後、『腰がすごく楽になった!散歩も足取り軽く行けました』とお喜びのメールあり。【3回目9/19】・『腰は調子いいままです(^^)。実は、私、以前から左足の開きが気になってて。もうこれは治らないとあきらめてたんですけど。それと、膝を胸元に引き寄せた時に、両足の高さが揃わないのもずっと気になってました。でも初回に受けて帰ったあと、胸元に引き寄せてみたら、高さが以前より揃っていて』と2回目終わった後のメールでご連絡いただけで。その前までは伺えなかったお話しでしたが、腰がよくなられたので、ではこちらも、とお話しくださったのでしょうか(^^)過去にゴルフのキャディーさんをされてた事があり、その時に片側からいつも乗り降りをしていて、この開きは、もう職業柄かなとあきらめてらしたとの事。ではぜひチャレンジしましょうよ!と今回は腰は調子よいとの事でしたので、痛いと言われた左膝と。左足の開きも鑑みて、フォローアップで習った外反母趾のケアもして前面を重点的に。この時点で楢林先生に上記の写真付きでご報告し、さらにどうすればいいかご指導いただきました。そして、そのアドバイスを元にケア。【4回目9/26】・腰がまた少し痛くなってきたとの事で、また初回と同じように背面からケア。とアドバイスいただいた箇所もケア。【5回目9/30】・車の長時間運転が最近多いとの事で、前回4回目にした直後は腰も調子良かったんだが、今日はまた腰、特にお尻のあたりが調子悪いとのこと。・背面から坐骨神経のケアをして、今回はお客様にうかがいながら、左側のお尻を特に重点的に、フォローアップで習った肘を使っての手技を加えました。ほとんどの時間をお尻に費やして、前面は軽く短時間でする程度。左膝の内側が痛いと言われてましたので、少し施術時間が短すぎたかな?と私自身は心の中で思ってましたが、お帰りになられてから聞きましたら、『膝痛くないです!私も膝の時間短いなと思ってましたが、お尻なんですね~!腰も楽になってますし、これ、膝ケアという名前ではもったいないですよ!膝だけではなく腰もよくなりますよ~(^^)!』とありがたいお言葉をいただけました。今日のお写真はこちら。左足の開きのお話しを聞かせてもらったのは3回目の施術からですが、3回目のお写真と今回のお写真を比べると、楢林先生もお皿の向きが左右揃ってきて、良かったのでは(^^)と言っていただき、またお写真と私のどこの筋肉が硬かったとか、こりがあったとかご報告した内容から、『左のお尻硬くなかったですか?』とご連絡あり。とても硬かったです!と報告しましたら、『脚が外に向くのもお尻相当に関係してそうですね。臀部の筋肉が縮むと大腿骨が外側に回ってしまうから』とアドバイスいただきました。私もお客様も、お尻のこりが、膝や足の開きに関係しているとわかって、とても勉強になり、2人で喜びあいました(^^)
  4. 片足立ちができる♪
  5. うまくあぐらがかけなかった左足が、ここまで改善されました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP